1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:48:49 ID:cWf
サルやチンパンジー、ゴリラ、オラウータン
などは似てるのに

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1478184529/

2: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:49:52 ID:61U
サルやチンパンジー、ゴリラ、オラウータンはそれぞれ全然似てないぞ
サルって一言で言っても色々おるし

4: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:53:01 ID:61U
一昨日だったっけかな?
ネアンデルタール人の絶滅スレが立ってたんでちょっと紹介した本
これ面白いから読んでみ

https://www.amazon.co.jp/dp/4826901704/ref=wl_it_dp_o_pC_nS_img?_encoding=UTF8&colid=3OQTKFV9OR2P7&coliid=I17Q4HCUPMCM87

5: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:53:59 ID:lnd
ネアンタール人とか北京原人とか人間と性交したらどんな生物生まれるんだか

10: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:57:28 ID:61U
>>5
ネアンデルタール人はホモ・サピエンスと交配しててアフリカ黒人以外の人類に数%遺伝子が含まれてる

11: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:58:50 ID:lnd
>>10
そうなのか
むしろ純人類(黒人)のほうが身体能力高いんだな

6: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:54:58 ID:chp
脳の容積が人類の2倍の知的生命体はいた
no title

8: 名無しさん@おーぷん 2016/11/03(木)23:57:18 ID:z4l
白人、黒人、黄色人種で限りなく近く同じ存在なんじゃね?

13: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:00:43 ID:UZl
身体能力とか知能は環境要因もでかいから

15: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:01:06 ID:T1z
昔に争って勝ったんじゃないか?

16: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:02:03 ID:Ony
アヌンナキ人とか古代シュメール人が南極のピラミッド建設したんじゃないかな?

23: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:11:09 ID:UZl
去年のニュースだけど
ルーマニアで発見された人骨を解析したらネアンデルタール人から4代目の子孫だと判明した
こんなニュース見るとワクワクするよね

4代前にネアンデルタール人の親、初期人類で判明
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/062400156/?ST=m_news

26: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:14:04 ID:3Y5
>>23
夢があるよね
人類とかいう総称からもっと派生していってもらいたい

27: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:14:10 ID:9wx
宇宙はひろいから知的生命体はや生物はいるってのが大半の意見だけど、実際、地球だけだよな。
こんな奇跡と環境、地球だけ。

28: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:18:02 ID:3Y5
>>27
いやいるだろたぶん
天の川見たことある?
あれ星が集まってる光なんだぞ
あれが宇宙には数えられないほどある

30: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:21:11 ID:Ulj
ネアンデルタール人は色白で赤毛だったらしい
その代わり骨格は不細工だが

31: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:21:54 ID:Ony
天の川銀河には2000億の恒星があって宇宙には1000億の銀河があるから知的生命体はいるでしょ

34: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:32:49 ID:Ony
見えてる星のほとんどは太陽系が属してるオリオン腕で隣の腕でも遠いしな

36: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:34:16 ID:sZe
黒人 白人 黄色人種
この3種類の総称が人間じゃないの?

50: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:41:08 ID:UZl
>>36
それ以外にもオーストラロイドもおるし

それに総称を人類と言ってるんじゃなく歴史や社会学的に必要だから分けてるってーだけ
生物学的には各々「種」なんて言うほど分かれてる訳じゃないしね

38: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:35:15 ID:l4g
それにいま見えてるものは何光年前の光
もしかしたらもう宇宙は減退期に入ってるかもしれないしまだまだ星が生まれてるかもしれない
人類がわかることなんて知れてる

39: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:35:49 ID:riP
おれは宇宙人は人間とは次元が違う素粒子で認識できないんじゃないかと思ってる。光子にも相反しないなにか。

40: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:36:09 ID:l4g
>>39
ダークマターそのものかもな

46: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:39:55 ID:riP
>>40
ダークマターは、単に未発見元素のことじゃなかったっけか、素粒子の類にも言うんだっけ?
この辺りの分野が紐解かれたら、幽霊やら超常現象やら超能力とかも説明できそう。

86: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:16:01 ID:2dw
>>46
元素じゃなくて粒子な

41: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:36:29 ID:mDf
SFだとリングワールドで、文明を失った人類が多様に進化してたな
草食になったり海生になったり
マンアフターマンとかいうのもそういうのだっけか?

42: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:37:03 ID:Ulj
宇宙人が何食ってるか分からんし。
硫黄やら放射性物質で生きてる生物も一応は存在する。

43: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:37:12 ID:Snn
実は我々人類は元々、宇宙のあっちこっちにいた知的生物だったけど
理由があって、地球に集まってきた

47: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:40:23 ID:l4g
人類は4回絶滅して5回目とか言う説あったよね
あれ好き

48: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:40:45 ID:Ulj
所謂グレイタイプの宇宙人像が普及したのは「未知との遭遇」の影響もデカイが、実際あんな顔になる可能性もあるんだと。テレパスだから口頭会話も要らなくなったとか

53: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:42:56 ID:riP
>>48
テレパスとかいう謎能力。
現実的にするなら、通信機器体に埋め込んで中枢神経から直接更新するとかかな
ワクワクしてきた

56: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:46:06 ID:Ony
>>53
変なこと考えすぎたら逮捕とか嫌やろw

58: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:47:19 ID:Ulj
>>53
インプラントか。そっちの方がリアルかな。
sfやら恐怖映像の宇宙人はよく変な能力持ってるのにな。実際は少ないだろうなあんなのは

60: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:50:26 ID:riP
>>58
テレパシーの仕組みを遺伝子に組み込んで、そういう種族を作り出せたらっていうのもいけそう。
遺伝子工学の大幅な進展が要るけど

49: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:40:48 ID:Snn
あともう一つの説は
地球に送られた実験生物の子孫が我々

61: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:50:30 ID:l4g
想像できるものは実現できるってその通りと俺は思う
人類とかいうものを作ったものは今何を作ってるのだろうか
原始人類が現人類を作ったのなら現人類はもっとふさわしい人類を作るのではないか?

67: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:56:01 ID:riP
>>61
人類は自然発生だろ

68: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:57:36 ID:l4g
>>67
自然発生って生き物から進化していったら自然発生って言わないんじゃないかと思う
動物にも知能はある

69: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:01:01 ID:riP
>>68
おまえ、人間は原始人類に作られた見たいこと言わなかった?
それって参加したってこと?

70: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:02:38 ID:l4g
>>69
参加ってどういう意味?
何故なら魚は陸地に上がったのか
なぜ鳥は飛ぼうとおもったのか
そんなこと考えたら現人類も原始人類が考えた末に作られた形だろうと思う

71: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:03:38 ID:riP
>>70
参加じゃなくて進化な
誤字スマソ

73: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:06:27 ID:l4g
>>71
まあ進化だな
けど本当に進化でいいのか迷うことがある
だって過去を知らないんだし

76: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:09:46 ID:riP
>>73
それ言っちゃったら、進化論が仮説でしかなくなってしまうかも。
>>75
後天的形質 遺伝 とかでググったら色々出てくる。

79: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:11:57 ID:l4g
>>76
いや形を変えたのは確かだから進化論でいいと思うよ
ただ今の形が本当に現人類によかったのかって言いたいだけ
ちょっと読んでみるよ

85: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:15:41 ID:riP
>>79
言葉の綾ってやつかな
この辺は本当に厳密に言ったらキリがないからなぁ
この話題で生物の先生とガチ喧嘩したことある。

90: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:21:39 ID:l4g
>>85
どんな喧嘩したの?

95: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:26:19 ID:riP
>>90
なんかねー、
オーストラリアのウサギ?を殺す薬だか細菌だかウイルスだかについてのビデオみて、
レポートに耐性のあるウサギが生き残って言ったんだなぁと思いましたみたいなこととか書いたら、先生にウサギは意図してたわけじゃないです、たまたまたです。って訂正されて、おれ憤慨。抗議しに言って数時間の話し合いののち勘違いと発覚。

72: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:06:18 ID:riP
>>70
そういう言い方したら
動物が意思を持って参加したみたいで違和感ある。
生まれてからついた形質が遺伝される説はまだ確定じゃなかったんじゃなかったけ

75: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:07:40 ID:l4g
>>72
その説よく知らないな
よかったらURLくれるとうれしい

78: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:10:11 ID:mDf
>>70
考えたってーか適者生存してきただけじゃないのか。
家畜化された動植物は人類の選択の影響を受けるが、
人類自身が家畜化の影響を受けるのは国家が誕生してからじゃないかな

國ができてからは、必要に応じ階級ごとに選択をしていくように見えるが、
牛馬犬猫のレベルまでは容赦なく選択していないと思う

81: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:13:43 ID:l4g
>>78
適者生存といってもいろいろと混ざって形変えていったのだからある意味作られたでいいんじゃないか?

92: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:22:27 ID:mDf
>>81
「造られた」というのは、最終形態を見越して交配していった場合だと思う

アナグマ狩り用に足の短い犬が欲しいとか、食いだめの効く耕作用牛が
ほしいとかで、それっぽい同士を掛け合わせていく

人類は自分自身にあまりそれをやってないからな
皇帝が学者同士の家系を娶せるとか、そのぐらいしかない

94: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:25:32 ID:Ulj
>>92
今じゃ産まれてくる子供の選別まで出来る時代だからどんどんブリーディングが進むな

97: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:33:00 ID:l4g
>>91
二足歩行してるやつは人間以外の生物にいそうな気がするけど
いないのかな
>>92
最終的というかこいつの子ども作れば子孫を残せると言うのはな潜在的力(ある形に作る)と思ってたから残せていったんじゃないかなと
今で言えばガン家族の彼女と子ども作りたいと思う?

99: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:35:49 ID:riP
>>97
プレーリードッグとか?
まぁ、昔の類人猿が人間に進化してきた過程で、二足歩行して有利になったのは状況や環境のおかげでもあるからね。
たとえば、その長草草原がなかったら木から降りれなかったわけで。

102: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:41:58 ID:l4g
>>99
人類は逃げるには足の早さより天敵の発見が重要と考えたってことだよな
>>100
実際に鳥ってかなり生存的には有利な立ち位置にいそうだよね
飛べるがゆえにそれ以上のものを作ろうとしなかったのか

105: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:44:41 ID:riP
>>102
いや、考えてはないと思うよ、たまたま立ったら敵見やすくなったから生き残ったってだけ。
で、二足歩行は生き残りやすくなって立ったら脳がでかくなって頭良くなった

108: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:46:29 ID:l4g
>>105
考えてないものなんかな
だって木から落ちたら場合によっては死ぬ世界なんだよな
それに木も本当に安全か当時じゃないからわからないけど安全ではないかもしれないし
きっかけないと二足歩行もできなかったと思うけどな

113: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:50:11 ID:riP
>>108
それくらいなら考えたかもだけど、「速く走るより立って敵警戒したほうがいい」とまでは考え至らないと思うよ。

100: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:37:57 ID:mDf
>>97
鳥は2足歩行だな
地上を走る鳥から知性の高いのが出ることもありそうだが、手がないのがな
イルカも知的だとしても、やはり手がない。火も使えない

ひょっとしたらゾウは文明を築けたかもしれない

101: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:41:08 ID:riP
>>100
像は鼻がこんな形だったらワンチャンあったと思う
no title

107: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:46:20 ID:mDf
>>101
そうそう。鼻の孔ごとに別れてればねぇ
一本しかないから複数で組まないと操作が難しい。
地上性の鳥もフラミンゴのように片足立ちすれば、
似たようなことできるかもしれんけど、手にはかなわない

62: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:51:04 ID:Ulj
テレパシーでイメージを送信出来るなら、催眠に近いことも出来そうやね。

63: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:51:22 ID:UZl
テレパスが仮に出来てもその送る思考の調整は個々の力次第じゃない
テレパス出来なくてもスケベーな根性丸出しの奴とかおるし

65: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)00:52:40 ID:mDf
人類がネットに脳を直結してそれに適応した社会を作っていくより、
始めからそのように作られた機械知性が人類を追い越す方が
先になる気がする

74: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:07:24 ID:Ony
恐竜系の知能の進化の最終形態はカラス
哺乳類系の知能の進化の最終形態は人類

83: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:14:07 ID:Ulj
>>74
トロオドン?辺りは知的進化には有望やったらしいが。惜しいな。レプティリアンなんかいたら怖過ぎるが

77: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:10:08 ID:l4g
その説が本当なら原始人類も現人類も胎児の形は同じってことだよな

82: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:13:53 ID:riP
>>77
いや、違う。
進化論あるじゃん、あれにプラスアルファしただけ。
適合してたやつだけ生き残ってそれ以外は死ぬけど(これは進化論)、適合してたやつのうち、後天的に身につけた能力が遺伝されるっていうのもあるかもしれないってこと

88: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:20:21 ID:l4g
>>82
むしろないとここまで人類は発展できてないんじゃないかと思うけどな
今の人類ってなにが強みで現在まで生き残ってきたんだろう
本当は現人類が潜在的に持ってる力が現人類が生き残れた強みなのかもな

91: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:22:05 ID:riP
>>88
たまたま二足歩行して長草草原のなか、敵を発見しやすくなってそこから加速度的に大脳巨大化知能発達して立ったんじゃないの?

93: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:22:39 ID:mY4
>>88
言葉と文字だと思うぞ
野生の獣は遺伝子でしか情報残せないけど、人間は文字や言葉で莫大な情報残せるからな

84: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:15:11 ID:mY4
今の人類の祖先以外の原人は祖先の原人に駆逐されたってなんかで見た

96: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:29:53 ID:LHY
哺乳類は遺伝子以外でも
親や群内での後天的な教育によってある程度の情報継承できるよ

霊長類やイルカ・シャチとかになると
群れ単位でそれぞれ別のルールや慣習が構築されて受け継がれていて
原始文化といえるくらいの水準になる

103: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:42:48 ID:l4g
もし現人類を滅ぼそうとする動物が出てくるとしたらどのような形していくんだろうな

109: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:47:05 ID:riP
>>103
動物は厳しいかもな
銃弾、爆薬の威力にも耐え忍んで、暑さ寒さにも負けず、毒や細菌にもつよくて、粗食なも耐えて生命力強くて、バカバカ人間殺せる先頭能力があれば….

114: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:50:34 ID:l4g
>>109
もしそのような生物を作る(未来の人類と言うべきか)ことができないのならもしかしたら現人類で滅びるんじゃないかなと思う

119: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:53:50 ID:riP
>>114
なんでよ、人間はとっくにそんな物理的な強さなんて超越してる。
おれが言ったみたいな生物はチートだし。

122: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)01:59:10 ID:l4g
>>119
生物では最強かもしれない
ウイルスとかどう考える?
想像できなくなり作ることができなくなればそれは驚異になり得るとも思える

126: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)02:03:26 ID:riP
>>122
ウイルスはヤバイよ
細菌もだけど。だって、血清やらワクチンやらがなければ致死率100なんてのも作れるわけで。
兵器使用だってNBC(原子力、生物学(細菌兵器など)、化学)っつって化学兵器や核兵器と同格でヤバイやつ指定されてるし

127: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)02:07:20 ID:l4g
>>126
ウイルスってなにが元で形変えていくんだろうな
俺が思うにウイルスもウイルス自身が生きるために変わっていってるんじゃないかと

139: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)02:18:55 ID:l4g
>>133
生物がどのような定義か詳しくはないけど生物云々とかそのような枠組みを越えてしまった驚異であるのは間違いない

143: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)02:21:27 ID:riP
>>139
ググったら、ウイルスとかは構造が単純過ぎてすぐに別種に変わっちゃうんだってさ
細菌とか微生物も。

148: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)02:23:57 ID:kt7
>>143
正確にはDNAの修復機能が弱かったり、コピーの頻度が異常に高い生物が変異を起こしやすいとされるな
単調な仕組みの生き物ほど変異が起きるのは何も不思議なことではないよ

152: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)02:26:10 ID:l4g
>>143
簡単に変化できるってとんでもない力と思わない?
つかヤバくない?

154: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)02:28:01 ID:riP
>>152
意図して変化してるわけじゃないよ。
遺伝子情報コピーするのミスってるだけらしい。
はた迷惑なやつだな。勝手に人の細胞乗っ取って、仲間増やしてるかと思いきや、全く別のウイルスも生み出してるとかさ。