1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:35:43 ID:xkZ
どうなると思う? 自由に意見を聞かせて

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1482500143/

2: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:36:21 ID:xkZ
こんな例って過去にはないよね?
カストロとかそうなの?
no title

3: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:36:32 ID:DCA
善人って自負してる人なら
危ないかな

4: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:36:37 ID:xkZ
まあ、善人の定義は辞書通りにしよう

5: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:36:38 ID:dYi
暗殺される

6: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:36:46 ID:yP0
チトーかな
no title

7: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:37:11 ID:xkZ
>>3
それは今でも同じかも
>>5
だよね、儲からないもんね役人や大手企業が
>>6
いたの? 調べてみるよ

8: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:37:19 ID:g5v
天国

9: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:37:41 ID:53H
独善政治するわ

10: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:37:57 ID:53H
後は人が着いてくるかな?

11: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:38:25 ID:xkZ
>>8
平等には近づきそうだよね いいか悪いかは別個として
>>9
現状もある意味そうだよね
>>10
天才にカリスマ性が含んであるものとしてくだしあ

12: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:38:28 ID:l5D
その代はいいかもしれんが、破綻は近い

14: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:38:48 ID:ikL
何をもって善人というのか…

15: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:39:29 ID:xkZ
>>12
仕組みまで作ってくれるとしよう
でもアイデアをありがとう
>>14
定義は後回しにしよう 各人が思うところの善人か、辞書的な善人
善人 善良な人、行の正しい人

16: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:39:53 ID:rh1
普通に良いやろ
ただシステム的に後継者がおらん

17: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:40:26 ID:xkZ
>>15
俺がいろいろ追加したら破綻しなくなっちゃうか
どんな感じになるのか妄想したいんよね
>>16
もっとも善人性と才能が高い人間が引き継ぐ流れになると思う

18: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:40:28 ID:f2x
独裁国家でいい国はあるしな

19: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:40:36 ID:xkZ
>>18
例えばどこ?

20: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:40:44 ID:Uei
>>6
ユーゴスラビアのその後を見てもやはり一人のカリスマに頼るのは危ないな

21: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:41:45 ID:T7q
天才だから常人には理解出来ないが上手くいくだろ
そんなの常人が考えられるもんでもないけど

23: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:41:59 ID:yP0
>>20
だな
後に続くものがいないというのは暗殺の危険に常に隣り合わせだしな

結果を見ればフセインも比較的マシな独裁者だったな
no title

24: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:42:21 ID:xkZ
>>21
天才の善性も確かめられないか……
>>23
フセインについても調べてみる、ありがと

25: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:42:47 ID:f2x
>>19
トルクメニスタンとか?

26: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:43:10 ID:yP0
>>24
フセインの場合はフセインがいなくなった後の状態を見てあくまで比較的マシってだけだよ

27: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:43:19 ID:7Ul
一時的によくはなるけどそいつが死んだら結局元に戻るってなりそう
デスノートで月が死んだあとみたいなイメージ

29: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:44:30 ID:Us8
独裁国家で上手く行ってるのはサウジやトルクみたいな天然資源チートが出来る国だけ
まあ天然資源があっても利権を独り占めして腐らせる阿呆が多いから独裁はダメなんだよな

30: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:45:48 ID:xkZ
善性と天才性が判断できれば、反対するのは既得利権者だけかな?
どんな流れで誕生するだろう? 疲弊の中から?

31: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:46:12 ID:T7q
死後についてのレスあるけど>>15だからもう前例に当てはめるのも無理じゃね

32: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:47:23 ID:xkZ
これが最適だと思うのに、なんでされないんだろう?
最適じゃないからか、それを支持する人間が弱いからか、そんな存在いないからかな

33: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:47:51 ID:ikL
国民の幸福度が上がっていく一方で秘密裏に障害者、暴力団、浮浪者とかが処分されてそう

34: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:48:12 ID:7vA
官僚主義と大衆に絶望して世捨て人になる

35: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:48:34 ID:xkZ
>>33
ルルーシュみたいだけど、そんな事はしそう
ただ、それが善かって話にはなりそうだけどね
>>34
真の天才かつ善人のイデアはそうするかもねw

36: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:49:58 ID:Ipb
>>17
もっとも善人性と才能が高い人間がその後を継いでも
政治を行うのに十分であるとは限らないから破綻する可能性がある

37: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:51:03 ID:4cm
人間一人で管理できるのは10人まで
実現するには日本に1000万人の独裁者が必要になる

38: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:51:22 ID:xkZ
>>36
善人度と天才度を計測して、そいつらに政治を委託したらどうだろう?

SFってんじゃねえよって感じにはなるけど、ダイソン球待つよりは早く安定した政治が手に入る(と思う)

39: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:51:26 ID:is7
哲人政治かな

40: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:51:55 ID:xkZ
>>37
小国家は誰の提唱だっけか、孫氏だっけ
>>39
調べてみる 幸福の科学のやつじゃないよね

41: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:51:58 ID:Uei
俺はまあ…俗に言う善人には独裁は無理だと思う

42: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:52:11 ID:4yz
俺理想的な国家思いついたんだけど
社会の発展のために頭いい奴ら集まってくれない?

43: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:53:14 ID:Us8
そんな夢物語を追うよりは、数十年かの平和で豊かな時代を実現できる道を考えた方が良い
それも誰かに任せるとかそんなんじゃなくて、自分で考えるのな

44: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:53:53 ID:7vA
大衆なんて個人にとっちゃ悪そのものだし逆もまた然り。個人のである善人の独裁なんて大衆にとっちゃ悪そのものだから淘汰されるのが宿命だろ

45: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:53:57 ID:xkZ
>>39
ビンゴ、これだ 試みだけで終わってるのか……
>>41
いい人的な人間なら無理だよね
>>42
現状がこれよね
>>43
哲人政治が早期実現すれば、100年早く平和が来るかもしれないじゃん
加えて、単なる妄想よー

46: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:54:32 ID:xkZ
>>44
成立しないのか
絶対善がないからかな?

47: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:55:18 ID:Us8
>>45
哲人政治って要は人工的に優秀な王様作ろうって話だからな
そういうのって結局は官僚政治になる

48: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:55:33 ID:xkZ
議論で絶対善を決めよう! →独裁政治と変わらんやんけ
人間には早いかできないんかなぁ

天才かつ善人な経営者レベルならいるよね
その国家版があれば良い例なんだけどね

49: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:56:05 ID:xkZ
>>47
なるほど、今がそれなんか
アカデミアを見てそう思ったんだけどね

無理か!

50: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:57:48 ID:Ipb
>>49
無理っていうか現実的な落としどころを探っていくと
当然、現実と似たような形態になるだろう

51: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:59:08 ID:Us8
>>49
日本でそのアカデミアと化してるのが今の東大だな

52: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)22:59:21 ID:7vA
>>46
群衆と個人は別の感性を持つ別の生き物と考えたほうがいい。群衆にとっての善行は個人である善人には絶対に受け入れられない悪行であるから善人は自分の善を押し通そうとした時点で群衆に殺される。
どちらも良かれと思っているところが厄介

53: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:00:04 ID:hKp
数百人レベルの村落の長とか、絶海の孤島の酋長なら可能性ありそう
全員顔見知りで、全員が村の将来についてビジョンを共有してないと
難しいな

55: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:02:31 ID:Uei
>>53
もはや人間では無くなってしまうが、社会性昆虫の作るような階級社会こそが究極の安定した社会かも

56: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:03:06 ID:JEm
前提に意義がある

善人かつ天才がいたと仮定して

その人が独裁政治をするはずがないと断言する

57: 【90】+【89】=200 2016/12/23(金)23:03:37 ID:l8J
本当の善人がする独裁政治は独裁政治と認識されない

60: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:06:08 ID:hKp
歴史上の偉人としては、後漢の光武帝とか満州族清朝の雍正帝とか
まぁ後が続かないわけだが
>>55
この種のネタでは恒例だけど、AIに統治をゆだねるという結論に

61: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:06:18 ID:Ipb
>>55
究極的に安定した社会はウィルスみたいので全滅しかねないからなぁ

62: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:06:34 ID:LFW
オマーンは独裁だけど国民みんな幸せだぞ

63: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:07:23 ID:LFW
カタールだった

64: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:07:29 ID:Us8
>>62
まともな王様が天然資源チート使えばそりゃそうなる

65: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:12:45 ID:dAt
十二国記の芳国の王は
民に正しさを求めるあまり、僅かな罪も許さず処刑した
そのくせ身近なものを疑うことをせず政治は腐敗し
虐げられた民の怒りによって王位を奪われる形となった

みたいなことになると思う

66: 名無し 2016/12/23(金)23:14:48 ID:vFA
鳩山総理みたいなもんだろな
理想は立派で頭もいい

67: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:22:26 ID:hKp
>>66
責任感と実務能力は?

68: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:29:43 ID:7vA
>>67
官僚がストライキしてれば実務もクソもないだろ

69: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:30:37 ID:Us8
学歴とか家名とかだけ見たら鳩山は賢帝だからなw

70: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:31:48 ID:JMH
善人で有能ならそりゃ独裁政治の方が良いわ

71: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:34:45 ID:JEm
有能と言われている者の独裁政治のほうが害悪

それに善人をプラスするなら独裁政治など有り得ない

72: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:36:12 ID:JMH
なぜ?

民主主義で決めようとすると時間はかかるわ利益に走るやつはいるわで
民進みたいな連中が足を引っ張りまくるでしょうに

73: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:37:42 ID:JMH
尚且つ国民だって政治を正確に判断なんてできるほどに情報を集め政治的知識のある国民というのは希少だよ

74: ■忍法帖【Lv=1,メタルスライム,SPU】 2016/12/23(金)23:39:38 ID:s8F
独裁政治=悪みたいな考えが根強いけど有能な人間がそれをやれば効果はある。
シンガポールやトルクメニスタン、フセイン政権、軍事面を除いた内政や経済を見ればヒトラーもだし、イングランド王朝やキューバもそう言えるだろうね。
有能な人物がやっても結局は諸刃の剣ではあるけど

75: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:40:57 ID:JMH
チャーチルはこんな事を言っていた
民主主義というのは悪い制度だ
ただ、他の制度よりはマシなだけだ

こんなような事を言ってたよ

善良で有能な独裁者が現れたとしても
そんな人が2代続くなんてのは考えにくいからだろうな

76: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:42:34 ID:Us8
>>74
ヒトラーの経済政策こそが後々の破滅を招いたからなぁ
失業問題を解決!って言ってもそのツケを払うためにあんな侵略するしかなくなったわけで
そういう点では軍事面以外も評価できない

77: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:43:08 ID:JEm
ほんに世代的に考えるならば有能な者が続くとは限らないからね




78: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:45:59 ID:JMH
>>77
うん、しかし
本当に有能で善良であるならば
その人に独裁をさせた方が良い

判断は早いし無駄に時間を浪費して議論する必要もない
問題のある制度はがつーん!と根本からでも速攻で改革出来る

民主主義はそうはいかんよ

79: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:46:18 ID:dAt
善人の定義や捉え方によって違うけど
例えば慈悲だけの存在がいたとすると人は生きることを辞めるよね
成長を止めて堕落していく
だからといって厳しいだけなら人は潰れてしまう
天才的な技術によりアメとムチを使い分けたとして、その善意はどこに発揮されるのだろう?
って話にならない?

多分求めているのは善意でも悪意でも無く、ひたすらに平等で慈悲のない
でも国を存続させる何かだと思うんだけど
そんなものに独裁政治されたら、弱者の生きる世界はなくなるよなぁ

80: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:48:39 ID:JMH
善良な人なら弱者を潰そうなんて思わないはずだが
俺と定義が違うようだ

しかし善良の定義は個々ですれば良いんじゃね?

81: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:49:33 ID:1NK
カリスマ的支配はその後継で死亡するんだよなぁ
やっぱり非合法的支配やね

82: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:50:09 ID:JMH
少なくとも
弱者の生きる世界をなくすような奴を善人とは俺の中では呼ばないな

83: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:50:30 ID:JEm
>>78
たしかに
政治の判断の正確さと迅速さはそうだと思う

ただ歴史を見ると善人かつ天才は世代的に長続きはしないうえに
民衆が政治をまかせすぎて軽んじてしまう

84: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:50:39 ID:Oya
あらゆる面から見てもガチンコで有能な人がやるなら独裁が一番いいんだけどな
実際問題いないし結果論で否定されたりするし

85: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:51:15 ID:9rF
そっこうで他国に潰される

善人ってのは人としては尊敬しうるけど、こと駆け引きや取引きにおいては、マイナス要素でしかない
ビジネスで成功する奴は、狡猾でしたたかでずる賢くて、それでいて臆病な奴

86: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:51:20 ID:dAt
弱者を弱者のまま甘やかし能力の高いものを虐げるのは善良だろうか?
弱者が弱者であることを否定し強くなることを求めるのは善良だろうか?
弱者ばかりを愛し強者を放置するのが善良だろうか?

俺が全部やったらぁ!って弱者を守るだけのスーパーマンがいたら
誰も努力しなくなる
それを理想とするのが善良だろうか?

87: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:54:08 ID:JMH
>>83
奇跡でも起こらないと善良で有能が独裁に
とはならないだろうなぁ、きっと

>>85
国が潰されるような政治しかできないのならその人は有能ではないと俺は思う

>>86
弱者を救うと人は努力をしなくなるというのは意味がよくわからん
弱者とその他を完全に平等にしようという話は飛躍してると思うよ、共産・社会主義でもないんだし

88: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:55:22 ID:1NK
問題はその独裁者が常に正しい判断をするとは限らないというか
暴走したときの歯止めが利かなくなること

法の支配を謳う国家では不可能なこと

89: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:56:37 ID:JMH
暴走というのはどういう事だ?
悪事を働くというのならそれは善良な人ではないよな

90: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:57:35 ID:dAt
>>87
人に期待しすぎだよね
天才の定義の問題もあるけど
要はたった一人で国を支えて豊かにできる人物を仮定してるんだと思う
言ってみれば神みたいなもんでしょ

そして弱者とは様々な理由で自分ひとりじゃ何もできない人と解釈する

何もできなくても全部やってくれる存在がいたら、何もしない人のほうが増えるよね

91: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:58:56 ID:1NK
>>89
善や悪を定義するのは難しいことだよ
スターリンがいなければあれほどの犠牲は出なかったが
スターリンがいなければソ連はなかった

92: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:59:18 ID:JMH
なんでもやってくれる人か~
流石にそれは、善良で有能な独裁者。という以上にあり得ないような。。。

94: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:00:30 ID:Pc1
善人で天才なら弱者も強者か普通レベルまで押し上げてくれるかも・・・
もうどうにならないレベルの弱者はいたしかたないとして
ただの怠け者とかはいなくなるようにしてくれるかな

95: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:00:37 ID:gdl
>>92
そこに期待される有能は
再現がないって解釈だよ
限界があれば必ず何かしら切り捨てるけど
その時点で善良さも切り捨てるからただの人だと思うわ

97: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:01:48 ID:QIi
>>91
スターリンもレーニンもロシアではあんま評価高くないような
にしてもどっちみち政策で国内の人を虐殺した行為が正しいとはロシアも流石に誰も思わないんじゃないかなぁ

明らかに失敗した政策でさ
ホロドモールだとかは

98: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:02:58 ID:EPF
>>94
為政者じゃ無理でしょ。僧侶にならなきゃ

99: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:03:03 ID:cS3
>>97
でも少なくとも飢餓輸出をしてまでして重工業化をほとんど強引押し進めたから

100: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:03:19 ID:HYs
善良で有能な独裁者は歴史の上で
たまに出てきたことはあるかもしれない

ただ それが強者の論理による歴史の捏造だったのかは
タイムマシンでもなければ証明は出来ない

しかし情報が手に取るように集まっている現在の我々には
通用するかどうか ってとこかな
善や悪を定義するのは難しいことなのさ

101: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:03:30 ID:gdl
>>94
そこで弱者の定義になっちゃうけど
例えばストレスによってうつ病になる人を弱者と仮定しちゃうと
ストレスを与えられなくなる
ストレスを与えなければよりうつ病になりやすくなると思うんだよね

だったら力をつけるためにストレスを適度に与えるか?ってなると
結局競争を実装してしまうから弱肉強食を許すことになって善良さを切り捨てることになる

落とし所を知ってる人間を想定するなら善良さなんてあってもなくても同じになる

102: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:04:03 ID:cS3
>>99
おくちゃった
ソ連はドイツに勝てたし
超大国にもなれた
ようは国体を守って国を発展させた善でもあるんだな

103: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:04:07 ID:gDX
善人政治家だと冷酷だが国益にかなうってタイプの判断が出来ないんじゃないか

104: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:04:54 ID:EPF
>>102
個人からしたら悪行以外の何者でもないけどな

105: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:05:58 ID:QIi
>>100
もしかしたらね
カエサルが結構それに近いかもしれない
カエサルは「自分が許した人間が自分に背こうとも、それでも私は好きに生きる」
みたいな手紙を友人に出していて、裏切られるかもしれないね、そんなのは当たり前なんだよ、それでも俺は敵を許すんだよと
それで結局自分が許した連中に殺されてんだけどね、間抜けなんだか善良なんだか有能なのかなんなのか、よくわからんけど

106: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:06:17 ID:gdl
例えばさ、競争社会を認め勝者と敗者を認め
強いものに弱い者が踏みつけられるのを認め

その上で弱く踏みつけられた人間も救うってのを善人とするならさ

それって最低限度の文化的生活を保証する
現代の日本と何が違うの?ってならん?

107: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:06:57 ID:cS3
>>104
功利主義的に考えれば
スターリンはスラブ人を存続させその国家を繁栄させたよ
でも善政とは絶対言われないね

108: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:11:04 ID:QIi
弱者を税金で保護し
強者とまったく同等の財産を、という政治は、強者が怒ると思う
俺たち、、、税金たくさん払ってるのに、、、ずるいよ、、、て

109: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:11:24 ID:EPF
>>107
大衆からも個人からも目を向けられる為政者が善人か悪人かなんて、それこそ多数決で決めても解決できない問題だから、為政者が才を認められるには功績しかない。為政者の功績は大衆の利なんだから、功績が良くて善人と認識させることなんでできないよ

110: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:12:55 ID:QIi
それとある程度の格差をつけないと人はなかなか頑張ろうとも思えないだろうなぁ
必ずしも弱者が強者と同じでなければいやだ!なんてわがままを考えてるとも思えないし

111: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:13:35 ID:gdl
でも弱者は強者の存在をなにかと理由をつけて不公平だと考えるよ

112: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:13:52 ID:HYs
>>105
カエサルがそうだったとして
人格が尊敬に値する人物だったとしても

他人に害された事実があるのなら
後の世に生きている俺らはカエサルを尊敬しつつっ

カエサルの二の舞は踏まぬよう
狡猾に生きるだけのことなのさ

113: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:15:10 ID:QIi
>>111
俺は別に経済強者の富裕層と同じでなければいやだなんて思った事もないけどなぁ
ビルゲイツだとかアラブの石油王だとか、「そういう層が居てもそりゃいろいろ理由があるし、いいんでね?」て

115: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:16:53 ID:gdl
>>113
そりゃ、そういう人もいるでしょう
それを言っていいなら、本当に同しようもなく不幸で
どうみても弱者にしか見えない存在でも
幸福を感じてる人はいるよ

でもそんな人が一人いれば国民全体に不満を持ってる人はいなくなるの?
違うでしょ

116: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:19:34 ID:QIi
>>115
国民の不満をすべてなくそうなんて思わないんじゃないかな
不満に思う問題の解決をする!というのもビジネスチャンスで
そういうの全部刈り取るってのもちょっとどうなんだろうと思うわ

その時の「せめてこういう生活は保障してあげたいね」という部分を保障するって感じで良いんじゃないかなぁ
障害者だとか、生きるのに不便するほどの問題を抱えてる人は個別対応でさ

117: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:21:27 ID:Pc1
>>101
善人なんだからどうあがいてもどうにもならない人は保護するだろうけど
ただの怠けて弱者の立場にいる人とかどうすれば自分の能力を発揮できるのか
わからず結果として弱者でいる人に対しては対策を用意してくれるんじゃないかと・・・
競争であれ何であれ弱者を弱者のまま放置するのではなく
できうる限り今よりマシな状態にさせようとするのも善人かなと思うんだ

118: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:22:04 ID:gdl
>>116
だからそれは現状と変わらないよね
でも弱者は足らないと言う
普通のラインはもっと上だと思ってるからだね
努力をして豊かさを手に入れてきた人たちを見ながらさ

そして彼らは言うんだよ、不公平だってね
ビル・ゲイツみたいなトップの人間じゃなくて
もう少し下のそれでもエリートと言えるような人を見て普通の場所はそこだと判断しちゃうんだよ

119: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:22:41 ID:QIi
>>118
>>117が良い事言ってると思うよ~

120: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:24:05 ID:gdl
>>117
それは、頑張れば大丈夫な人が努力する方向に誘導することって解釈するけど
それって言いかえれば
正しく考え、正しく努力し、正しく競争する
向上心がある人間を育てるってことだよね

でもそれって、洗脳じゃないのかな?

122: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:25:51 ID:QIi
日本は昔から「信賞必罰」でやってきた
結果を出した者には恩賞でも利益でも出るような社会
それこそ人はがんばろうと思えるんだと思う

ここが崩れて結果を出した人も出さない人も同じ待遇にしちゃうと
人は努力をしなくなる、マルクスはここを甘く見ていた、なので共産主義国家で共産主義のまま経済が成功した国はひとつも無い

123: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:26:43 ID:QIi
人が努力をしなくなる社会を作ってしまう政治家は
俺は有能だとは思えない

124: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:27:01 ID:gdl
どうあがいても不満は消えないし
有能な人間が望む理想を叶えるために動けばエゴと言われる
社会が健全に回るための思想を浸透させようとすれば
宗教だの洗脳だの偽善だのと言われる

そして最終的には支配者にとって都合のいい国を作ろうとしてると言われて
善良さは否定されて終わる

125: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:27:55 ID:gdl
どうあがいてもは間違いだわ
全員が堕落して豊かな生活を保証できる独裁者がいれば
不満は出ないかもね

127: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:29:19 ID:Pc1
>>120
それ言ったらなにかと人は洗脳受けてると思うよ?
一切何も洗脳受けてない人っていないんじゃないかな?
マスコミの影響だったりネットの影響だったり人間関係の影響だったりさ
悪く考え間違った努力をし歪んだ競争するよりずっと苦しむ人は減ると思うんだ

128: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:29:53 ID:gdl
なら結果論だ
弱肉強食により最下層の弱者を惨めながらも生かさず殺さず苦しめる国
それこそが最も安定した国の姿でしょ

129: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:30:00 ID:QIi
>>125
髪でもなければ解決できない理想をいつまでも追い求める人は有能なんだろうか
人は例え可能な限りすべてが平等になっても不満を言うと思う

それは、恋人の奪い合いや、子供の数、子の性別、その他でも

130: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:30:15 ID:HYs
これから先に重要になって来るのは
どれもこれもの質問に答えられる本当の人格者の
存在だろうね

131: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:30:49 ID:gdl
>>127
それなら宗教による思想統一こそが最も最善手だね
でもそれに嫌悪する人が多いのはなぜだろうな?

132: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:32:09 ID:S4s
既に2000年以上前にペイジストラトスが実証してるじゃん

134: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:34:13 ID:gdl
有能な人間は人の心なんて無い方がいい
善良であったとしても、それを微塵も表に出す必要すら無い
小さな小競り合いをバランス良く配置してガス抜きし被害の拡大をさせない
そんなもん善良な心持ってたら気が狂うと思うわ

135: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:35:20 ID:Gep
>>131
統一された思想は多様性を確保しづらいからじゃない?

137: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:36:23 ID:gdl
>>135
でも多様性は争いを生むよ
争いは不満を生むし強者と弱者がいれば
当然のごとく弱者は食い物にされるよ

139: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:38:05 ID:QIi
多文化の問題もあるよな
世界はどうなるんだろうなぁ

正直来年あたり日本も戦争に巻き込まれかねないと思ってるよ
シリア問題か、南沙か、沖縄か、どれかわからんけど

147: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:43:18 ID:EPF
>>134
でもそれが支配者の責任だろ?
その責任を放棄して政府という共同体を作って弱者に弱者を支配させているのが民主主義だろう。
市民が政治に参加してるという事実だけで支配者層は既得権利を有したまま責任を取らないでいる。慈善活動をしている資産家が善人になることが出来たのは政府があるおかけだ。資産家は支配はするけど責任は負わないのだから

149: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:45:47 ID:gdl
>>147
仮に善良で有能な独裁者がいても
責任を追わない卑怯者扱いされるだろうな

150: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:47:40 ID:R30
そんなやつがいたら闇討ちされそうやな。

善人と言っても悪事は絶対ゆるさないとか?

151: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:48:14 ID:EPF
>>149
善良で有能な支配者が取れる責任は大衆による処刑しかないからね

152: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:51:25 ID:gdl
資産家は資産家で、権力者は権力者で守るものが多いからな
それが少ない弱者には保身に走る卑怯者
甘い蜜を吸う悪人に見えるんだろうけど

あいつらからしたら、支配されてると思ってる奴らこそ卑怯者の寄生虫に見えるだろうな

153: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:53:05 ID:QIi
考えてみれば
国民総中流階級と言われていた頃の日本はなかなか幸せだった気がするなぁ
日本はほどよく資本主義で、ほどよく社会主義でもある

共産国家からは理想だと言われたんだよな

154: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:53:11 ID:Pc1
>>131
宗教の教えに従って生きても幸せになれない人もいるのに無責任に幸せになれると言い出す
宗教という進む道に迷った人にアドバイスを与えるものを悪事に利用する人もいる
自分を向上させるのではなくただ従っていればいいと
自分で考えることをやめてしまう人もいる
そんなんじゃ気持ち悪い言われるんじゃないかな
こういうのって進む道ごと洗脳してると俺は解釈してるんだけど
進む道ではなく進み方を洗脳するのであればいいんじゃないかと思うんだ

155: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:53:26 ID:Gep
>>137
たとえ弱者を食い物にしようとも
多様性を失って弱い体制になるよりかはマシだってことじゃないのか?
思想統一を嫌うってのは。

157: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:55:18 ID:gdl
>>154
根底にある価値基準の統一は充分宗教的だってことだよ
努力した人間が報われる
努力をしない自分はこの程度で充分

そう納得する価値観は素晴らしい
これがすでに宗教的な思想統一の流れでしかないんだよね
立派な洗脳だよ

158: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:56:13 ID:QuM
>>75
かつてクロムウェルとかいうガチ独裁者を輩出したお国柄だけに説得力が段違いだな
no title

160: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:57:51 ID:QIi
日本では、サムライは切腹できて当たり前という時代の価値観て
なかなか強烈な洗脳時代だと思うわ

現代はこれまで敗戦した日本を否定してきた
その反動もひとつの原因として若干右傾化しつつある
別にそれが良いとか悪いとか言わないが、これも一種の時代による洗脳と言えるのかもしれない

その時代その時代で、人は常に洗脳され価値観を変化させ続けるのだろうね

161: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:58:13 ID:gdl
>>155
その考え方は素敵だと思うけど
全然善良じゃないと思うよ
見方を変えれば弱者を踏みつけて甘い汁を吸う独裁者にしか見えんのさ

162: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:58:55 ID:QuM
安倍さんの次が独裁者になりそう

163: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)00:59:47 ID:5uz
確かボスニアが有能な独裁者がいたから国まとまってたけど、独裁者死んだ後国バラバラで民族紛争になったんちゃったけ

164: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:00:19 ID:QIi
>>163
ユーゴスラビアのチトーじゃない?

165: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:01:23 ID:Gep
>>161
善良でないことは認める
ついでに「多様性がなくてはならない」という思想統一を含んでいることも認める

ここが難関なんだよなぁ

166: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:01:50 ID:5uz
>>164
多分それかな
ずっと前の記憶だから曖昧だったすまん

167: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:02:38 ID:QIi
>>162
あり得ない話ではないけど
相当難しい気がするなぁ
安倍首相はがんばってるとは思うけど、独裁を許すほど信用してるわけでもないという人が多いんじゃないかと

168: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:03:36 ID:gdl
>>165
善良で有能な独裁者によって豊かで幸せな国を作るには
どうしても国民全体が善良で優秀にならなきゃならんからな
言い換えれば同じ思想で統一された国こそが、どんな形であれ理想郷なんだろうと思うよ

俺だけの国とかな

169: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:03:58 ID:QIi
ナポレオンもヒトラーも民主主義から生まれた独裁者だから
あり得ない事でもないけどね

170: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:04:33 ID:EPF
>>160
でも切腹って凄く良い制度なんだよね。
切腹したら許せるって共通認識があるから掃討戦が起こりにくいって利点がある。
文化的にも精神的にも成熟してきた現代でもっと平和的な切腹に変わる共通認識があれば良いんだけど、痛みの伴わない謝罪は信用されないからな

173: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:06:33 ID:TJs
善人に外交はできない
他国から嫌われてるくらいが自国にとっては優秀

175: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:09:59 ID:QIi
>>173
嫌われる事にびびって外交ができないようじゃ有能ではないんじゃないかと
自国民の権利と財産を守らなきゃいけないわけだから、守れるくらいは有能にしとこうよ

176: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:12:00 ID:EPF
>>175
グローバル主義のお陰でお金持ちに国境は無くなったから思いっきり売国してるんだがな今の日本は

177: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:13:14 ID:QuM
他国に嫌われていた有能な独裁者といえばビスマルクもそうかな
ナポレオン3世はプロイセンの挑発にさえ乗らなければ名君だったろうに

178: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:14:26 ID:QIi
>>176
うん
日本領海にミサイル落とされても警報さえ鳴らしてない
漁師さん居たら普通に死んでたはず

ミサイルを打ち落としてもいないし

179: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:15:58 ID:HYs
>>175
つっこみいれるわけじゃないんだけどすまにゃい
>自国民の権利と財産を守らなきゃいけないわけだから、守れるくらい
 ということは

他国民の権利と財産は踏みにじられても仕方がない ということに
なっちゃう



180: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:17:16 ID:gdl
まあ弱肉強食は世の掟ですしな
かと言って一国が破綻すると周りも迷惑だからある程度はサポートせにゃならん
ってのが現実じゃねえっすか?

181: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:17:37 ID:QIi
>>179
他国民の権利と財産を守る義務があるのは
その国の権力者だしなぁ

182: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:19:25 ID:EPF
>>179
当たり前だろ

186: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:24:48 ID:gdl
結局は他国の利益を守ることが
自国民の財産と利益を守ることに繋がるっつー話になるんだよね
なんでもかんでも単純に考えようとする人増えたけど
世の中は思ってるほど単純じゃないんだよね
つってもそこまで複雑でもないんだけど

187: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:24:58 ID:HYs
>>181
そう
そこの国の権力者ってやつの人格的な器に依存してしまう

国と言われると範囲が広すぎて認識が
追いつかなくなってしまうが

さて 人類の平等=世界の平和と定義すると
おおいに矛盾が生じてしまう

>>182
ざんねんながらそれを当たり前とすると
未来にも善人かつ天才などいないということになる

190: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:30:10 ID:EPF
>>187
むしろ漁夫の利を狙わないけないからね天才の為政者は

191: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:32:23 ID:Pc1
>>157
洗脳であれ思想統一であれ結果を出す出させ弱者を普通レベルかやり方によっては
強者にまで押し上げ訳も分からず潰れていく人が増えていく状況を改善できるのであれば
それは善人な天才だからこその所業じゃないかな
あくまでこのスレの趣旨は「善人で天才が独裁政治をしたらどうなるか」だから
善人だからできるだけの人が幸せを感じられる国を望み
天才だからそれを可能とする手段を考案し
独裁国家だから自分の理想通りのやり方を推し進めるんだから
思想統一であれそういうのも有りじゃない?

192: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:36:44 ID:HYs
>>190
漁夫の利を狙うというのは過去の故事のことだから
スレタイに沿った考え方をすると
三方に利があることを考えていきたいなと思ってる

これがものすごく難しいことなんだけどね

193: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:39:14 ID:gdl
>>191
そうか?
俺はあくまで一般的な価値観から見た善悪で語ってたんだがね
そこを基準にしていいならさ

今の支配者層は立派な善人だと思うよ
まあ有能であるかは知らんけど
少なくとも今の日本は善良な支配者が当地する国ってわけだ

でもそうすると、まるで存在しな国かのように言うのは不思議な話だな

194: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:48:14 ID:EPF
>>192
何言ってんの。いついかなる時代でも自国本位に考えない政治家なんて売国奴以外の何者でもないよ国民にとっては

195: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:49:05 ID:HYs
ある意見を言うものは他方から認識され

意見を言わないものは
行動のみだけをしていたとしても

認識されずらい 

現在の人類の認知の不協和

197: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:50:09 ID:Pc1
>>193
今の日本がどうかはともかくとして
あくまでスレの趣旨は想定の話じゃないの?

198: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:51:46 ID:gdl
>>197
じゃあ答えは今の日本です
で充分って話やろ

199: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:52:33 ID:HYs
>>194
いついかなる時代とは過去の時代の出来事であって
それが現在の正しいとかの基準じゃない

君の言う善人とは自分の国に利益をもたらす者であって
世界に通じる善人の認識ではないということ

200: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:55:40 ID:zJe
善人認定が誰に、どの層にとって善人なのかによる。

善人設定が企業や資本家にとっての物であれば
行き過ぎて待っているのは中国や米国のような
中層以下の民衆放置の超格差だろうし。

201: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)01:58:55 ID:Pc1
>>198
つまりスレの趣旨に最も近い実在する国家である日本があるんだから
趣旨通りの想定などするだけ無駄ってことか・・・

202: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)02:04:46 ID:ACp
善人だろうが悪人だろうが有能だったらなんとかうまくやるんじゃね

203: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)02:11:21 ID:EPF
>>199
利とは富を得ることで、利を得るってのは自国で足りないものを他国から奪うことなんだよね。力で略奪か貨幣で略奪かの違いだけで。後者を平和的と言ってるだけで本質は何も変わってない。富には限りがあってそれを奪い合ってるのが今の現状だろ?
世界的善行とは七十億人分の富を用意することだけどそれは無理

204: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)02:16:24 ID:fQq
独裁者になった後でも善人でいられるかな?そもそもその善人って誰にとっての善人なのかな?

205: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)02:23:04 ID:Kq9
必ずある一定数存在するクズの処遇が気になるところ
コミュニティの繁栄と大多数の常識人のためを考えるなら処分するのが一番になるだろうしな

207: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)04:04:27 ID:2Sf
本当に善人なら今よりはマシな世界になるんじゃね

208: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)04:57:05 ID:a2y
独裁だろうが民主的だろうがトップがまともなら国は良くなる