休処

2ちゃんねるのVIP、ニュース速報、なんでも実況(なんJ)などから気になるおすすめ記事をまとめてます。

飲食・料理

1: 2012/08/09(木) 04:12:39.16
食欲なくても食べられるし

46: 2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
地元スーパー、普段300グラム358円の揖保の糸が、
七夕セールで278円だったんでたくさん買い込んでしまった。
普段は安い素麺ばかり食べているが、やはり揖保の糸はうまいなー。
no title

引用元: http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/jnoodle/1344453159/

続きを読む

1: 2017/06/15(木) 10:17:52.52 _USER9
カルビー「ピザポテト」19日から販売再開 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00000086-spnannex-ent
6/15(木) 10:15配信 スポニチアネックス
 カルビーは15日、原料不足を理由に販売を休止していたポテトチップス「ピザポテト」の販売を19日から北日本・東日本エリア、26日から中日本・西日本エリアで再開すると発表した。
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497489472/

続きを読む

1: 2016/08/29(月) 04:46:54.47 _USER9.net
ザックリ

1988年の牛肥育技術で「脂肪分23%肉」が牛1頭から「少しだけ得られる」。
現在は「脂肪分50%超え肉」が牛1頭から「大量に得られる」。
それは肥育中期のビタミンA低下肥育技術だ。下手な飼育だと牛を失明させる。
「日本飼養標準」で、肉の香りは獣脂で、ウマミはたんぱく質分解物のアミノ酸だ。
「日本飼養標準」で、脂肪分50%超えだと、たんぱく質含量低下→アミノ酸低下で味が悪い可能性指摘。
ビタミンA欠乏技術は(魚の活き造りやフォアグラ肥育批判の)アニマル・ウェルフェア(動物福祉)にも抵触。
和牛が海外マーケットでアニマル・ウェルフェア批判にさらされると山本謙治氏は予想。

詳しくはリンク先


ビタミン欠乏で作る!「霜降り肉」の衝撃事実
20年前に「A5牛肉」は存在しなかった

牛肉の格付けで最も重視されるのは「サシの多さ」だ
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160826-00132832-toyo-000-3-view.jpg
山本 謙治 :農畜産物流通コンサルタント&農と食のジャーナリスト
東洋経済 2016年08月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/132832

牛肉の仕事をするようになり、
業界の重鎮のような方々と意見交換をするようになって、
そうした人の口からよく出てくるのが
「昔の牛肉はおいしかった」という、
ため息交じりの言葉だった。
私は青果業界でも仕事をしているので、
同じように
「昔のトマトは青臭くてうまかった」
というような言葉をよく耳にしてきた。
ただし野菜の場合、大概の場合はノスタルジーであって、
客観的にみれば今のほうが味わいが深く
濃くなっているというものが多いような気がする。

しかし、牛肉に関しては本当に
「昔のほうがおいしかった」のかもしれない。
なぜなら現在出回っているA5の牛肉は、
ほんの20年前にはとうてい存在しえなかった、
まったくの別物なのである。
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1472413614/

続きを読む

8: 2017/05/25(木) 16:18:59.95 0
http://m.sponichi.co.jp/society/news/2017/05/25/kiji/20170525s00042000280000c.html
スナック菓子「カール」中部以東で販売終了 低迷原因、8月生産分まで
[ 2017年5月25日 16:00 ] 社会
 明治は25日、半世紀近くにわたり親しまれたスナック菓子「カール」の販売を、中部地方以東で8月生産分を最後に終了すると発表した。
売り上げ低迷が原因で、9月に店頭から消える見通し。関西以西では「チーズあじ」「うすあじ」の2品に絞って販売を続ける。

 明治によると、1990年代に190億円前後あったカールの売り上げは、2015年度に60億円程度まで減少。
当初は全国での販売終了を検討したが、68年の発売以来長く愛された商品であることを考え、全面打ち切りは見送った。
no title

13: 2017/05/25(木) 16:19:23.82 0
カレー味無くなるなんてひどい

14: 2017/05/25(木) 16:19:57.92 0
カールおじさんリストラ

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1495696589/

続きを読む

1: 2017/05/13(土) 21:09:27.73 _USER9
「今さら料理なんか覚えたくない」「いちいち作るのは面倒くさい」という人には強い味方のインスタント食品だが、どこか味気なく感じてしまうのが正直なところだ。
「味付けが若者向けで、手が伸びなくなってきた」(60代男性)という不満の声も多い。

そんな人のために、包丁やフライパンを一切使わず、自宅にあるものでインスタント食品を旨くする超簡単な方法があるという。
まずは袋入りのインスタントラーメンだが、“麺を茹でるだけ”といってもコツがある。
そしてちょっとした工夫を加えることで、さらにおいしくなる。

●スープなしの“汁なし麺”

これまで1万2000食以上の即席麺を食べてきた即席麺評論家の大山即席斎氏は、思い切ってスープを作らない方法がお勧めだという。
「茹でた麺を湯切りしてどんぶりに移し、粉末スープの3分の1ほどの量を麺に直接かけて混ぜ合わせ、“汁なし麺”にして食べてみてください。
スープがないと時間が経っても麺が伸びにくいので、お酒のツマミに向いています」(大山氏)

●どん兵衛をレンチン

カップうどんにも、食感を格段に変える方法がある。
インスタントラーメン専門のラーメン店を経営する大和イチロウ氏がいう。

「例えば『日清のどん兵衛』(日清食品)の麺を別容器に移し、そこに沸騰したお湯を入れてラップをしてから規定時間の3分の2の時間をレンジでチンすれば、驚くほどコシが生まれます」

ボソボソした感じのカップうどんが、このひと手間だけで手打ち麺の讃岐うどんのように変わるとは……試してみる価値はありそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13057492/

31: 2017/05/13(土) 21:16:21.28
no title


110: 2017/05/13(土) 21:29:36.83
>>31
これを見に来た♪

630: 2017/05/14(日) 00:08:18.90
>>31
表情ワロタ

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494677367/

続きを読む

1: 2017/05/05(金) 18:05:05.35 BE:971283288-PLT(13000) ポイント特典
ピザの中にハンバーグが入った「BURGER INSIDE A PIZZA」なるジャンクフードを生み出したアメリカ人が、ハンバーグにピザをぶち込んで、
それを2枚のピザではさんでハンバーガー状態にするという「PIZZA INSIDE A BURGER INSIDE A PIZZA」という狂気を感じさせる究極のジャンクフードを生み出しました。

no title


no title

no title

no title

no title

no title


PIZZA INSIDE A BURGER INSIDE A PIZZAのカロリーは、8444kcalとのことです。

http://news.livedoor.com/article/detail/13023471/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493975105/

続きを読む

no title

1: 2017/05/07(日) 14:07:25.42 _USER9
優れた味覚生かしコーヒー豆焙煎 発達障害の15歳が開店

「どんな入れ方や飲み方をしてもおいしい豆を提供したい」と話す岩野響さん
http://www.jomo-news.co.jp/1/5914939113034422/280/280/7281/img.jpg
上毛新聞ニュース 更新日時:2017年5月5日(金) AM 06:00
http://www.jomo-news.co.jp/ns/5914939113034422/news.html

 群馬県桐生市小曽根町の岩野響さん(15)が、自家焙煎ばいせんしたコーヒー豆を販売する「HORIZON LABO(ホライズン・ラボ)」という店を、同所の水道山中腹に開業した。店のキャッチコピーは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害の一つ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、高校には進まない選択をし、自分にしかできないことを探している。

◎優れた味覚と嗅覚駆使 「水平線のように広く自由に」
 響さんは障害の影響で空間をつかむ力が弱く、黒板の字を書き写せなかったり、運動が苦手だったりした。学校の授業と部活動の両立ができず、中学1年の10月に不登校になった。

 物心ついた頃から、同じ調味料でもメーカーの違いが分かるほど優れた味覚と嗅覚を持つ。両親に毎日出していたコーヒーに興味を持つようになり、中学2年の5月に知人から手回しの焙煎機をもらった。一つのことに熱中する性格で、市内の伊東屋珈琲コーヒーのロースター、古谷哲成さんらとも意見を交わし、焙煎する時間と温度でコーヒーの味がどう変わるのかを研究した。

 中学3年の夏に家族とタイ・プーケットの海を見て、水平線(ホライズン)のように広く自由に生きたいと思った。自分を表現できるコーヒーの研究成果を発表する形で店を出そうと決意。自宅近くの空き小屋を父の開人さんと共に改装し、4月にオープンした。

 商品は月替わりの1種類で、グアテマラや東ティモールなどの豆をブレンドする。今月はすっきりと飲みやすい味に仕上がった。温度を上げつつ時間をかけて焙煎することで、酸味をなくして深みのある豆を提供する。鮮度にこだわり、3、4日以内に焙煎したものを販売しようと心がける。「誰がどんな入れ方や飲み方をしても楽しめる豆を提供したい」と話す。

 営業は毎月1~7日の午前11時~午後7時。
※詳しくは「上毛新聞」朝刊、有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。 

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494133645/

続きを読む

このページのトップヘ