1: 2017/08/02(水) 17:47:58.87 _USER9
アスクル“置き配”一部で開始、不在時の荷物は玄関先に

 
人手不足が深刻な中、新たな宅配のスタイルになるのでしょうか?
通販大手の「アスクル」は、荷物の受け取り人が不在の場合に玄関先などに置いていく、
いわゆる「置き配(ハイ)」を一部地域で始めました。

段ボールを持ち荷物を届ける配送員。しかし、呼び鈴を鳴らさず、玄関の扉の前に荷物を置いてしまいました。

通販大手の「アスクル」が2日から一部地域で始めたのは「置き配」。
配送時に受け取り人が不在の場合に、玄関先や物置の中などあらかじめ指定された場所に荷物を
置いていくものです。対面しないと荷物が本当に届いているのか不安になりそうですが・・・

「お客様に荷物を届けたことを知らせるためにカメラで撮影しています」(アスクルの配送員)

受け取り人はドライバーが撮影した写真で配送状況を確認できます。
こうした「置き配」は化粧品などの通販を手掛ける「ファンケル」が「自転車のカゴ」の中などに
荷物を置いていくサービスを行っているほか、「アマゾン」でも一部取り入れていて、
再配達を減らす取り組みとして期待されています。

TBS Newsi
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3120799.html
(ソースに動画あり)
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501663678/

続きを読む