休処

2ちゃんねるのVIP、ニュース速報、なんでも実況(なんJ)などから気になるおすすめ記事をまとめてます。

コンビニ

1: 2017/10/30(月) 20:25:07.02 _USER9
ファミリーマートが24時間営業の見直しに着手したことがわかった。

 このほど一部店舗で深夜営業をやめた。売り上げはどれだけ減るのか、一方で人件費や光熱費などの経費はどれほど浮くのかなど、経営への影響を検証する。

 人手不足や出店競争で激化する客の奪い合いにより、コンビニ加盟店の経営状況が苦しさを増していることに対応する。「いつでも開いている」ことを他業態にない利便性として訴えてきた業界のなかでは、極めて異例の試みといえる。

■当面は「実験」との位置付け

 ファミマは2016年9月にサークルKサンクスと統合。現在、両ブランドの合計で全国約1万7800店を展開している。ファミマはこのうち深夜帯の来客が少ない数店舗で、深夜から未明にかけての営業をやめる。当面は「実験」という位置付けだ。

 コンビニ業界では最大手のセブン-イレブン・ジャパンが1974年に国内1号店を開業。75年には24時間営業を開始し、少しずつ全国へと広げてきた。ファミマも80年代前半には大半の店舗が24時間営業に切り替わっている。現在では鉄道駅構内やオフィスビル内を除いた約95%が24時間営業店だ。

ファミリーレストランなど他業界では数年前から、24時間営業を見直す動きが広がっている。深夜帯はアルバイトやパートが集まりにくく、人件費もかさむため、各社業績の重しとなってきたのが理由だ。

 一方、コンビニ業界で見直しの機運が広がらなかったのは、コンビニ店舗のほとんどが「株式会社セブン-イレブン・ジャパン」や「株式会社ファミリーマート」といったチェーン本部の直営店ではなく、本部とフランチャイズチェーン(FC)契約を結んだ独立事業主が運営するFC加盟店だからだ。

■本部は「まんじゅう1個でも売れれば黒字」

 どういうことか。

 大手チェーンの場合、本部は売上高から商品原価を除いた「粗利益」の一定割合を、ロイヤルティー(経営指導料)として加盟店から受け取っている。つまり商品が売れさえすれば、人件費が増えようが減ろうが、原則として本部収益には影響しない。ある加盟店オーナーにいわせれば「深夜営業でいくら経費がかさんでも、まんじゅう1個でも売れれば本部は黒字」という構図だ。

 このためチェーン本部は、人件費の上昇や深夜の店員確保が難しくなっているといった社会情勢の変化について、頭の中では理解していながらも、店舗売り上げの減少(=自身が受け取るロイヤルティーの減少)に直結する深夜営業の見直しには及び腰であり続けてきたのだ。

 セブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長は10月中旬、日経ビジネスのインタビューに「仮に営業時間を午前7時~午後11時に変えれば、店全体の売り上げは3割落ちる」と説明。24時間営業の見直しについて「社内で議論したことはない。加盟店からもそんな声は全く出ていない」と強調した。

 ローソンの竹増貞信社長も、同じく10月中旬のインタビューで「ローソンだけが24時間営業をやめると、客が他のチェーンに流れてしまう」と慎重姿勢を崩さなかった。

深夜帯のコンビニでは、検品や品出し・清掃など、接客以外の作業も行われている――。この点も、チェーン本部からみた深夜営業継続の理由の一つだ。だがファミマの沢田貴司社長は「やってみないことには、本当に店舗のオペレーションが回らなくなるのかは分からない。『できない』ありきで結果を決めつけるのは思考停止だ」と強調。結果はどうであれ、まずは実験から始めることにした。

■単なる「サービスの後退」なら業界衰退

 問題は、24時間営業をやめた場合に消費者にとっての利便性は損なわれてしまうこと。身近な店舗が深夜営業している便利さと安心感は大きい。「社会インフラ」として消費者の支持を得てきたコンビニが24時間営業を単純に縮小すれば、業界の衰退は免れない。

 そこでファミマは、店員不在の時間帯には店外に設置する自動販売機で商品を買えるようにする、いわば「実質24時間営業」という代替案も検討する。すでに神奈川県の一部店舗では、自販機設置に向けて土地所有者と交渉しているもようだ。

 将来的には米アマゾン・ドット・コムが米国で試験営業している「アマゾンGo」のような

以下全文はソース先で

配信2017年10月30日
日経ビジネス
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/102700177/102700002/

no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509362707/

続きを読む

1: 2017/08/13(日) 18:36:24.91 _USER9
2017.08.13
客が自分で商品を精算する「セルフレジ」を見かけるようになった。コンビニ大手5社は、2025年までに国内全店舗に導入予定という。

 そのほかにも、「マクドナルド」が一昨年10月から大森駅北口店など全国4店舗で試験的に導入。先月末にテストを終了し、「本格導入するか現在検討中」(広報担当者)。「無印良品」は一昨年2月に有楽町店で試験導入し、昨年4月にはアトレ恵比寿店も続いたが、「それ以外の店舗への導入予定は未定」(広報担当者)だそうだ。

 積極的なのは「ジーユー(GU)」で、昨年6月に約20店舗で試験導入して以来、全店舗の約半数にあたる174店で導入済みだ。狙いは何か。GUを展開するファーストリテイリングの広報担当者が言う。

「お客さまのレジ待ちを短縮し、より便利な購買体験を提供することで、繁忙時のレジ行列が緩和できています。その効果が大きい」

そこで記者も銀座店5階の紳士フロアで体験してみた。セルフレジが6台、有人レジが1台あった。裾上げなどしたい場合は有人レジへ。

 ボクサーパンツとショートパンツなど4点をカゴに入れてセルフレジに向かう。操作方法は簡単で、商品をハンガーから外し、セルフレジ下のボックスに入れ、ふたを閉めると、瞬時に商品名・点数と精算金額が表示される。記者は4点で3680円。山っぽく積んで“計算ミス”を期待したが、スマホの電卓で計算したのとピタリ同じで驚いた。

 クレジットカードか現金かを選択すると、支払い終了。時間にして1分未満だ。有人レジより圧倒的に速い。自分で袋に入れるのは面倒だが、大した手間じゃない。

 セルフレジ近くに専属スタッフがいるのでチョロまかしは不可能。客からは「操作画面が分かりづらい」という声はあるものの「おおむね好評」だそう。

全文はURL先でどうぞ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/211377
no title


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502616984/

続きを読む

__1_2

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/20(月)00:58:10 ID:vvc
シフト固定制で夜勤は4人で回しています。
しかし自分も都合が合わない日がシフトと被っていて店長に代わってもらう時が月に1~2回あります。
それについてこのあいだ店長に「面接の時にお互い了承の上で入ってもらっている。そこをわかれ。俺の負担が大きすぎる」
と注意されました。
店長は朝、昼、夜ただの時間帯でもほとんど入っています。

確かにその通りではあるのですが、固定だとやはりどうしても予定が合わない日がある時もあるのでそういう場合は代わってもらうほかありません。

それに店長は自分が大変になってでも人件費を抑えたい人です。
だからどの時間帯も人を最小限に抑えて募集しようとしません。
夕勤の人がインフルエンザで休んだ時は他店からヘルプの人に来てもらいました。
給料も本当は禁止の手渡しにしています。
これほどであれば従業員の突然の休みも考慮して人に余裕を持てるほど集めればいいのでは?
と思うのですが、
やはり自分に落ち度があるでしょうか。

もう1つ話は変わりますが、
自分のミスでレジのお金をマイナス1,000円にしてしまったのですが、
その分はポケットマネーから出さなくてはならないのでしょうか?

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1487519890/

続きを読む

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/14(火) 12:51:39.85 ID:CAP_USER
http://diamond.jp/articles/-/117808

現在の日本にすっかり根付いたイベントの一つに、女性が男性に(最近は逆も)チョコレートを贈る日の
「バレンタインデー」がある。義理、本命、自分へのご褒美、友チョコ、オレチョコ……。
あるいはそんな風習とは無縁という人まで消費のあり方は多様化しているが、デパートやスーパーやコンビニでは、
「バレンタイン商戦」という“死闘”が一様に繰り広げられている。特にノルマを課せられることも多いコンビニのアルバイト従業員にとって、
こうした流通・食品業界の催事(イベント)は「憂鬱以外の何物でもない」という。(ライター?奥田由意)

相次ぐイベントキャンペーンで
ノルマ達成と自腹購入を強いられる
 「販売数ゼロの場合はペナルティとしてポイントカード入会を30件取ること。それもできなければシフト1回(無償で)入ってもらいます。
とくにAさん、Bさん、Cさん、Dさん。ほかの人にも毎回同じようにやってもらっていて、今回は甘い顔をできませんので。よろしくお願いします」――。
 あるコンビニエンスストアで、従業員全員に配られた書類の文言だ。
 これは夏の「土用の丑の日」に合わせたうなぎ予約獲得キャンペーンについてのものだが、コンビニアにはお歳暮、
節分、バレンタインデー、ひな祭り、お花見、母の日、土用の丑、お中元、ハロウィン、
ボジョレーヌーボー解禁、クリスマスなど、季節ごとのイベント関連商品がある。
 しかも、仕入れは本部から買い切りのものも多く、期間内に売り切らなければならない。
そのしわ寄せがアルバイト従業員に及ぶ。まず、ノルマが設けられ、その達成が求められる。
未達の場合は「自腹購入」を明に暗に強要するという形でのしかかってくるのだ。

年末から2月にかけては、特にイベント関連商品の販売が多く、年賀状印刷、お歳暮、クリスマスケーキ、おせち、節分で恵方巻き、バレンタインと目白押しだ。
 なかでも「土用の丑のうなぎ、お歳暮、恵方巻きはコンビニが特に力を入れているようで、相談件数も増える」(ブラックバイトユニオン執行委員青木耕太郎さん)。
 「恵方巻きは1人30本がノルマ。未達の場合は廃棄分を買い取ってもらいますと言われ、結局半分買い取った」
 「1人10個クリスマスケーキの予約を取るように言われた。期限内にノルマの予約数を獲得できなかったので、結局自分で3個購入した」
 「期限までにお歳暮カタログから商品を選んで申し込むよう言われた。期限がくると、店長が勝手に定番商品の予約を入れて、
到着した商品を自分で買い取ることになった」
 「『おでんを○○個買ってくれないか』とよく店長に言われる。店舗の売り上げランキングで上位に入りたいから。
断ると希望のシフトに入れてくれないなど、嫌がらせを受けるはめになるので、結局買わされることになる」
 ブラックバイトユニオンには、アルバイトに関する高校生や大学生の相談が年間1000件寄せられる。
そのうち100件程度が、上記のような、自腹購入に関するものだ。電話でユニオンに相談する人はあくまでも氷山の一角。
実際にはその1000倍くらいの事例があるだろうと前出の青木さんは見ている
(以下略)
no title

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487044299/

続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2016/12/21(水) 17:45:48.47 ID:CAP_USER9
おでんツンツン 動画を撮影の女を書類送検
(21日17:15)

コンビニのおでんを指でつつく動画がネット上に公開され、28歳の男が逮捕された事件で、
愛知県警は21日、動画を撮影した27歳の女を書類送検しました。

コンビニで販売されていたおでんを、指で繰り返しつつき店の業務を妨害したなどとして
逮捕された常滑市大曽町の無職、豊嶋悠輔容疑者(28)。
この様子を撮影した知多郡美浜町に住む27歳の知人の女が、21日、
威力業務妨害の疑いで警察に書類送検されました。

警察は、豊嶋容疑者の供述などから女を特定、調べに対し
「豊嶋容疑者がおでんをつつく様子が面白くて撮影した」と、容疑を認めているということです。

2人は、今年6月ごろに、半田市内の飲食店で知り合い、飲み仲間だったということで、
警察は、犯行当時の状況などを更に詳しく調べる方針です。

CBC NEWSi
http://hicbc.com/news/detail.asp?cl=c&id=0004265A
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1482309948/

続きを読む

このページのトップヘ