休処

2ちゃんねるのVIP、ニュース速報、なんでも実況(なんJ)などから気になるおすすめ記事をまとめてます。

プログラム

1: 2017/09/26(火) 11:03:28.91 _USER9
 【オーランド=中西豊紀】マイクロソフトは25日、次世代高速コンピューターとされる量子コンピューターの開発で、外部エンジニアの知見を活用すると発表した。専用のプログラミング言語を公開し、演算シミュレーションなどに役立ててもらう。人工知能(AI)の性能向上などにつながる量子コンピューターは米グーグルや米IBMも開発を急いでおり、競争が激しくなってきた。

 サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)がオーランド市内での講演で明らかにした。仮想現実やAIと並ぶ重要技術に量子コンピューターを位置付け、12年前から続けている開発に一段と力を入れる考えを示した。

 その一環として、量子コンピューター上で動くアルゴリズムを開発するための「言語」を公開。同言語を使うことで、外部エンジニアもクラウドやパソコンを使った量子コンピューターの作動シミュレーションに参加できるようにした。

 量子コンピューターが実用化すれば、AIの学習速度が格段に上がるなど「これまで解決できなかった問題が解決できるようになる」(ナデラ氏)。量子コンピューターは作動の安定など商用化に課題も多いが将来性や期待は大きい。グーグルなどIT(情報技術)大手による開発競争は激しさを増しつつある。

配信2017/9/26 9:26
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGT26H1M_W7A920C1EAF000/
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506391408/

続きを読む

1: 幸・災・楽・禍 ★ 2017/02/16(木) 21:44:02.02 ID:CAP_USER9
 サッカーの試合結果をランダムで予想するスポーツくじ「BIG」で、14試合×5口分の予想結果が、2回続けてまったく同じだった――という画像が話題になっています。
14試合×5口分の予想結果が2回続けて同じになる可能性は極めて低く、システムに何らかの不具合があったとみられています。また、一部では「不正操作なのでは」というウワサも。
 インターネット上の掲示板サイトに投稿された画像が発端。くじは楽天toto経由で購入されたもので、14試合×5口分の数字が完全に一致している様子が写っていました。

 「BIG」の1口分は14試合で、予想結果は勝ち・負け・引き分けの3パターンがあるため、完全一致する確率は前述の通り極めて低くなっています。
現在Twitterには完全一致した5口分を動画で撮影した同一人物とみられるアカウントも現れています。

  totoオフィシャルサイトでは「BIG」で試合結果を選択するシステムについて、「あくまで『くじ』として、コンピュータが1口ずつ『1(ホームチームの90分勝ち)』『2(同負け)』『0(その他)』を3分の1ずつランダムに選択する仕組み」と解説。
天文学的確率での完全一致となったことで、ネット上には「システムの不具合では」といった声があがる一方、「強いチームの負け予想を増やすといった不正をしているのでは」など“意図的に予想結果を操作している可能性がある”とする意見も。
また、「そもそもコラージュ画像なのでは」と画像そのものを疑う声もあがっています。

 「BIG」を運営する日本スポーツ振興センターに問い合わせたところ、不正操作が疑われていることについて「不正ではないが、念のため事実関係を精査している」とコメント。
また、「非常に確率は低いものの、販売している全体の数の中でたまたま結果が重複する可能性は否定しきれない」としながらも、「システム不具合の可能性も含め、今後も調査を進める」と語っています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000094-it_nlab-sci
no title

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487249042/

続きを読む

このページのトップヘ