1: 2017/07/08(土) 12:36:00.55 _USER9
西日本では、あす9日(日)にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。
九州北部地方では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる地域があるため、土砂災害に引き続き厳重な警戒が必要だ。

梅雨前線は、朝鮮半島から西日本に停滞しており、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる。
このため、西日本では大気が非常に不安定な状態が続いている。

あすにかけても梅雨前線が停滞する見込みで、あすの方が雨の強まる所が多くなる予想だ。
地域ごとに出される気象情報をこまめに確認し、行動する必要がある。

■九州北部 引き続き土砂災害に厳重警戒

西日本では、あすにかけて激しい雨の降るところがあり、局地的には非常に激しく降って、大雨になりそうだ。
九州北部地方は記録的な大雨になっている所があり、あすにかけて土砂災害に厳重に警戒、低い土地の浸水や川の増水にも注意が必要だ。
また、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれもある。

<あす朝までの24時間に予想される雨量>(いずれも多いところ)
  九州北部地方  150ミリ
  九州南部    120ミリ
  中国地方    100ミリ

画像:8日午後7時と9日午前8時の雨の予想。
no title


■熱中症にも注意を

今週末は九州を含め全国的に熱中症にも注意が必要となる。
最高気温はきのうと同じかやや高くなる所が多く、広い範囲で30℃を超え、湿度も高くなる見込みだ。
体力が落ちている時や寝不足などの時は、熱中症にかかりやすくなると言われる。
こまめな水分補給や休息など万全の熱中症対策が必要となる。

<きょう8日(土)の予想最高気温>
36℃ 福島、熊谷、甲府
35℃ 帯広、さいたま、名古屋、岐阜など
福岡 32℃、日田(大分)31℃、熊本 30℃など

画像:8日(土)の予想最高気温。
http://i.imgur.com/4M7P4mF.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00010000-wmap-soci

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499484960/

続きを読む